美肌 食事

美肌と食事の関係を紹介します。

美肌は毎日の食習慣で得られることができます。美肌と食事の関係についてどうしたらいいのかを紹介します。

 

 

【基本的な美肌に良い食事】

 

美肌を作るために良い食事とは、「偏食をしないで栄養バランスのとれた食事を摂る」「規則正しいリズムで食事を摂る」ということが基本的な方法です。

 

 

@栄養バランスのとれた食事

 

1日30品目が理想だと言われています。

 

A規則正しいリズムで食事

 

早寝早起きをして、朝昼晩の1日3食を規則正しいリズムで食事を摂ることが、とても大切です。

 

 

食事による内面からのケアで、身体の中から綺麗にすることが最も重要です。

 

 

身体の中が健康でないと、健康な肌=美肌を作ることはできません。

 

 

大切なことは、食事で美肌に効果的な栄養素を意識的に摂取し、「身体の中から美肌にする」ということです。
規則正しいリズムで、バランスのよい食事を心がけることによって、肌トラブルのない健康な肌を作ることができます。

 

 

【美肌に良いとされる食事の摂取方法】

 

<野菜>

 

野菜は火を通した方が身体は冷えず、生野菜で食べるよりも、一度にたくさんの量と種類を食べることができます。

 

 

<糖分>

 

上白糖は血液を酸化させる作用があり、血液の流れを悪くするため、はちみつやてんさい糖など、ミネラル豊富で抗酸化作用を持つものに置き換えると良いです。

 

 

<脂肪分>

 

油やオイルと言えば、高カロリーな食べ物で身体に悪いイメージですが、マグロ・イワシ・サンマ・サバ・サーモンなどの魚類に含まれる油やオリーブオイル・ごま油などの植物油を上手に摂取すれば、健康や美肌に効果を発揮してくれます。

 

 

バター、ラード、牛脂などの動物性脂肪は、常温で固まる特徴があり、適量であれば、血管を強くしてくれる脂質ですが、過剰摂取すると体内で固まり、血管に付着して老廃物が体内に溜まり、ニキビや湿疹を引き起こす原因になりますので、注意が必要です。

 

 

 

【美肌に良いとされる食事の内容紹介】

 

<朝食>ミックスフルーツ・野菜スムージー

 

朝食は消化の良い果物がおすすめです。

 

 

豊富な水分や食物繊維を含んだリンゴ・みかんなどの果物は消化に時間がかからないので、夜間に身体の中に溜まった老廃物を排出する働きを手伝ってくれます。

 

 

<昼食>野菜サラダ・玄米おにぎり

 

消化活動が活発になり始める昼食は、色とりどりの野菜を意識的に食べ、食物繊維や栄養素が豊富に含まれている玄米と一緒に食べることで、健康的な肌に役立ちます。

 

 

<夕食>旬の野菜たっぷりと魚・肉・穀類

 

胃腸の働きが最もよい夕食は、野菜が多めの食事に、魚や肉なども一緒に食べ、漬物などの発酵食品も取り入れるなど、肌への潤いと腸内を整えるバランスの良い食事を摂るようにしましょう。